最近楽ラップを始めてからリバランスという言葉が気になった。
リバランス?なんじゃらほい。って感じで。
で、いろいろと調べてみた。



しらべると時間がたつと保有してる金融商品が値上がり値下がりでバランスが崩れてくる。
崩れたまま持っているとせっかく値が上がったものが下がって結局元の木阿弥(もとのもくあみ)になることもあるからそれを避けるためにリバランスをして崩れたものを調整しようっということらしい。

だが、特定口座でリバランスをしようとすると部分解約してほかの投資信託に購入しなおした場合、解約した時の利益で税金が引かれて面白くない。
そこで考えました。私は積立NISAをしてます。
積立NISAは今年いっぱいの積み立て分を先行して決めてるので積立NISAだけでリバランスするのではなく、積立NISAと特定口座で同じ投資信託を購入しそこで、リバランスしたらどうだろうって思った。
NISAなら解約しても利益に対して税金は課税されないからそこを利点としてNISA枠で一番増えた枠の投資信託で一番利益がない投資信託に移せばいいと思う。課税口座と非課税口座合わせてするとばっちりじゃん。って思った。まあ積立NISAが使える間まではそうしようと思う。
まだ先は長いから大丈夫だけど、それいこうは配分が崩れたら積立の配分をその都度変更したらいいと思う。。

また、iDeCoについてはスイッチング機能があり非課税でリバランスができる。
ただ、iDeCoのお金は老後まで使えないから今は頑張って資産を増やして頑張る。ってことで。。。
ちなみに楽天証券ではiDeCoのスイッチングは回数関係なく何度でもできる。
私はそのおかげで、最近まで投資利益が出たのを利益が出た分だけ定期預金にスイッチングしてたのだけど、リバランスということを理解できたので今後は一番金銭資産が多い投資信託(もしくは預金)から一番少ない資産のものにスイッチングを少しずつしていこうって思った。。。

また今まで投資信託で積み立ててたもののが投資信託自体のコストが高いっていうことに気づき、いったん積み立ては解除して別のコストが低い投資信託でリターンが高いものを選びなおした。

なんだか、2年くらい積み立ててたけどそんなに増えなくて。
ちなみに特定口座の投資信託は2つほど全解約したら、8000円ぐらい利益が出たんだけどその中の20%がもちろん税金に取られた。痛い。(;´Д`)

でもでも、よく考えるとその税金とられた分は今年中に損したら収支損益で±0で税金還付されるんじゃ。。。。
あ、だったら、ほかに今赤字で解約したい投資信託があるからあれもほかの投資信託にリバランスというか移行させていこうかなって思う。税金で取られた額だけ損をしたいから少しずつ解約して±0になるくらいに。。。ゆっくりと解約しようと思ってます。

もしかしたらタイミング次第ではその投資信託がプラスになってることもあるかもしれないからと思ったりもします。
特定口座で解約すると利益分の税金の取られは痛いのでわざと損を出していくのもありだなと思ったりもしてます。

かいてるかわかりづらい内容かもしれませんが。わたしなりにいろいろ悩んだ末思ったことをだらだら書きました。
まあしばらくしたら考え方が変わるかもしれないんですが、自分なりに今までの経験で思ったことをだらだら書いてみました。(`・ω・´)ゞ